EDは誰にでもなる!

EDは誰にでもなる男性下半身の症状です。勃ちが悪くなったり、中折れ、勃たないなどの症状が現れます。けど!悩む必要はありません!ED治療薬を使う事で改善できます!EDになったからといって落ち込む必要はないので心配なさらないでください。

EDは年齢だけが問題ではない

EDは勃起不全を指す症状のことです。ただし勃起に対する感じ方には個人差があります。
そのため、満足な性交渉を行うのに支障を来する勃起不全と言う定義が使用されることもあります。勃起が十分に行われるためには、様々なことが必要となります。
まずは性的興奮を感じることです。そしてそれが神経を介して、陰茎海綿体に伝わること、更に陰茎海綿体の血管が拡張して、血液が流れ込むことが必要です。
ですからEDが出てきた場合は、これらのいずれかに、もしくは複数に支障が発生していることが考えられます。
支障が発生する原因として、最も考えられやすいのは年齢です。個人差はありますが、たとえば年齢を重ねることで性的刺激に対する感受性が鈍くなると言うことはあり得ます。
また神経機能の低下によって、性的刺激が陰茎海綿体に伝わりにくくなることも考え得ることです。
しかしこれらの支障によってEDが発症する原因は、何も年齢だけには限りません。たとえば性的刺激に対する感受性に関しては、若い人でもそう言ったことに対する興味や意識が薄い、低い人もたくさんいます。
また人によっては、トラウマ的な出来事によってそうしたことに嫌悪感や恐怖心を抱いている人もいます。
このような場合は、年齢関係なく、それらが心的原因となってEDが引き起こされることもあります。それから最近では、生活習慣病やそれら近いような体の状態によって、EDが引き起こされている人も少なくありません。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、血管や血流、神経系に多大なダメージを与えます。
そのため、これらの疾患にかかったり、それに近いような状態になると、ED発症のリスクが高くなります。
生活習慣病は文字通り、生活習慣が原因となって引き起こされるとされている疾患です。そのため年齢に関係なく、若い人でも罹患する人が増えてきています。