EDは誰にでもなる男性下半身の症状です。勃ちが悪くなったり、中折れ、勃たないなどの症状が現れます。けど!悩む必要はありません!ED治療薬を使う事で改善できます!EDになったからといって落ち込む必要はないので心配なさらないでください。

里芋でED改善がなかったらリビトラ

里芋には、疲労回復や精力増強効果があると言われています。その理由は、里芋に豊富に含有されているねばねば成分にあります。
里芋のネバネバ成分は、オクラや山芋、モロヘイヤやナメコなどにも豊富に含有されている成分ですが、このねばねば成分には、タンパク質を分解する酵素がたくさん含まれています。
そのためタンパク質の消化・吸収を助け、新陳代謝を促進して、細胞を活性化させる効果があるのです。
その結果、疲労回復や勢力増強効果が期待できるのです。精力剤を飲まなくても、里芋を毎日食べれば、自ずと元気になることができるので、勃起力が衰えてきたと思ったら、まずは里芋やオクラ、モロヘイヤなどねばねばした食べ物をたくさん食べてみると良いでしょう。
ただ、そうはいっても同じものを毎日食べるとあきてきます。
また食事はバランスが大切で、同じ食べ物ばかりを食べるのはあまり良くありません。
また本格的なED(勃起不全)になってしまったら、さすがに食べ物だけで改善させるのは難しいです。
そのようなときは、ED治療薬として知られているリビトラを試してみると良いでしょう。
リビトラは2003年にドイツのバイエル社から発売されたED治療薬で、バイアグラに次いで2番目に登場しました。
リビトラはバイアグラを改良して、さらに使いやすくしたものと考えると良いかもしれません。
たとえば、バイアグラは服用後1時間ぐらい経過しないと効果が現れませんが、リビトラは15分~30分程度で効果が現れます。
また、バイアグラは空腹時でないと効果が半減してしまいますが、リビトラは食事の影響をほとんど受けることがありません。さらに持続時間もリビトラはバイアグラの2倍以上です。